プロのネイルアーティストになりたい場合

プロで活躍するネイルアーティストになる方法

プロネイルアーティスト


趣味でネイルを勉強したい人もいれば、プロのネイルアーティストを目指したいという方も多いですね。

プロのネイルアーティストになりたい場合は、どうすればいいのでしょうか?




一般的なレベルでプロとして働く場合


プロのネイルアーティストといっても活躍する場は様々ですが、一般のレベルからということを前提にお話しします。

ネイルサロンで働いたり、ネイルサロンを開業したりするなどネイリストになる場合、資格は必ずしも必要ではありません。

極端な話、ただマニキュアを塗る程度の知識だとしても、ネイリストとして働くことも開業することもできるのです。

ですが、それでは技術が伴わず、開業しても成功するとは思えませんし、サロンでも採用されるのは難しいですよね。

なので、まずはネイルスクールなどで基礎から勉強し、資格を取得するのが道になります。

講座の内容はスクールによっても様々ですが、だいたいが基礎からプロでも通用する応用編まで学ぶことができます。


プロのネイルアーティストは2級が必要か

プロのネイルアーティストを目指したいのであれば、最低でもネイリスト2級、もしできれば1級を取得したいですね。

ネイリスト1級は実技も絡んで難しい資格と言われていますが、無理に初めから1級を目指すこともないでしょう。

ただし、ネイリスト2級ぐらいまでは取得しておかないと、実際働くのは難しいかもしれません。

ネイリスト2級を取得したあと、現場で働きながら通信講座などで1級を目指すという人も多いようです。

また、資格を取得したあとも常に新しい技術を目指すという場合は、いろいろなコンテストに出場したりして、スキルアップをしていきます。

スクールで勉強すると実際のプロのネイルアーティストの話も聞けたりするので、自分が目指していく上でとても参考になると思います。




おすすめのネイルスクール探しに便利です:


ビューティー資格」では、日本全国にある人気のネイルスクールの情報を都道府県別に調べたりできます。

サイトからでも簡単な内容(コースのだいたいの学費など)もわかりますが、もっと詳しい情報が載っている資料も取り寄せることができるのですね。

無料の資料請求サービスで、気になるスクールにチェックを入れて一括で請求できますので、とても便利です。

(通信講座の方も資料請求できるサービスです)

「ビューティー資格」のホームページへ


 


ネイルスクールラボ」でも資料請求できます。

こちらは資格別(ジェルネイル、ネイリスト検定2級など)とか、サロン開業などの目的別、学校の特長など細かい条件で探すことができます。

ネイルスクールラボで見つかる学校もあるので、チェックしてみるといいですね。

「ネイルスクールラボ」のホームページへ





page top