ジェルネイルの難易度

自宅で行う場合、ジェルネイルはどれくらい難しい?

ジェルネイルはどれくらい難しい

 

ネイルサロンでも人気が高いジェルネイルで、資格を取ったりスクールに通わずにもっと手軽に自宅で行いたいと思っている人もいますね。

 

ネイルが初めての人にとってジェルネイルの難易度は?というと、ネイリストの資格やネイルスクールに通わないと綺麗に仕上げることができないとイメージする場合が多いです。

 

ですが、最近では初心者向きのジェルネイルのキットが販売されるようになっているので、揃えにくいネイルケアアイテムや、希望のカラージェル、ジェルを固めるUVライトを準備することができます。

 

なので、ひとまずは誰でも気軽にジェルネイルでのネイルケアを自宅で行うことができます。

 

 

ジェルネイルの注意点

 

ジェルネイルはネイルポリッシュとは異なり、専用のリムーバーやファイリングを行ってネイルオフを行う必要があるのですね。

 

それで爪に負担をかけないようにするためにも、事前にネイル講座の動画や雑誌を見て知識を得ておくことも重要です。

 

またジェルネイルを行う上で、とても重要になってくるのが衛生管理をきちんと行うことです。

 

感染症やアレルギー、道具にあった消毒方法を知っていないと、ジェルアレルギーになってしまい、ジェルネイルが一生行えなくなるという人も増えてきています。

 

それに、安易に他人にネイルを行い病気を移してしまう危険もあるので、自分の爪の施術だけを行うことも重要になります。

 

 

独学でジェルネイルを始める場合

 

学校に通ったり通信講座を受けなくてもジェルネイルを始めるのは、難易度は普通のネイルと比べて高いのですが初心者でも始められると思います。

 

ただ、きちんとしたジェルネイルの技術を習得したい場合には、やはりジェルネイルの検定資格(初級か上級)は持っておきたいところです。

 

その場合には、本格的に行うならスクールに通った方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おすすめのネイルスクール探しに便利です:


ビューティー資格」では、日本全国にある人気のネイルスクールの情報を都道府県別に調べたりできます。

サイトからでも簡単な内容(コースのだいたいの学費など)もわかりますが、もっと詳しい情報が載っている資料も取り寄せることができるのですね。

無料の資料請求サービスで、気になるスクールにチェックを入れて一括で請求できますので、とても便利です。

(通信講座の方も資料請求できるサービスです)

「ビューティー資格」のホームページへ


 


ネイルスクールラボ」でも資料請求できます。

こちらは資格別(ジェルネイル、ネイリスト検定2級など)とか、サロン開業などの目的別、学校の特長など細かい条件で探すことができます。

ネイルスクールラボで見つかる学校もあるので、チェックしてみるといいですね。

「ネイルスクールラボ」のホームページへ





page top